人気の声優オーディションに合格するには

今は声優オーディションもかなりの人気となっています。そのため合格するにはかなり狭き門となっていますが、これに合格するには考え方をシンプルにする必要があります。それは、わかりやすくて聞きやすい声が合格するということです。
最近の人気上昇によって声優がちやほやされるようになって、声優の特徴などに注目が高まっていますが、こうした人気のある声優は基本があったうえで自分の個性を出すことで人気となっています。つまり、基本が出来ているからこそ人気が出てきたということです。
この基本というのは、声がはっきりと聞き取りやすいということと、発声が良くできているということです。活舌が良くて声が大きいというようにいってもいいかもしれません。これが出来るようにまずは練習することが大切です。

まずは声優オーディションの前に練習から

いきな声優オーディションにいっても今はまず受かることはないといってもいいでしょう。これは知名度などではなく、声は鍛えるものだということがあるからです。声優たちが歌のショーなどで活躍することが出来るのは、こうした声を鍛えることをしてきたので、歌も魅力的なものとして聞くことが出来るわけです。
ですから、まずは発声練習から始めるといいでしょう。イメージはオペラ歌手のイメージです。姿勢は胸を大きく開いて息を大きく吸い込んでお腹で呼吸をするようにします。これを腹式呼吸といいますが、これをマスターして声を出すときに腹を使って声を出すようにします。これで、声が大きく聞き取りやすい声が出るようになります。
付け焼刃で出来ることではありませんから、日課として常に練習をするようにしましょう。

練習で声質が変わったと感じたらオーディションにチャレンジ

練習をしていて声質が変わったなと感じたらオーディションにチャレンジしてみましょう。オーディションでは他人がとうこうではなく、自分がどういう声が出せれているかを考えるようにします。ハッキリと人が聞き取りやすい声を出せているのか、声質はどうかを考えながら声を出すようにします。
この時もオペラ歌手のイメージをもちながらするといいでしょう。オペラ歌手はゆったりとした姿勢でゆっくりと大声で歌っているはずです。このイメージを持つのと持たないのとでは声はかなり違います。
オーディションではキャラ設定があるようなケースもありますから、自分が与えられたキャラになりきることも大切です。これは演技をするような感じで自分がイメージできるキャラをしっかりと頭に描いて声を出すようにします。

初心者でも安心な豊富なカリキュラムの声優養成所。ラジオにアシスタントパーソナリティとして出演可能! 自分のクラス以外のレッスン見学OK!実力ぐんとUP 1レッスン2時間で少人数制だから、発表のチャンスがたくさん!1人1人をしっかりサポートできる体制! 中学校・高校の分散学習、受け入れ可能です。 メールでのお問合せは24時間受付中です。 声優オーディションをお考えならこちらへ!