声優オーディションに合格するためには

声優オーディションに合格するためには

声優オーディションと一言で言っても、声優事務所に所属するためのオーディションと作品に出演するためのオーディションがあります。声優になりたいのであれば、まず声優事務所に所属することを目指していきます。そのため、声優事務所が主催するオーディションを受けるのが一般的です。
声優事務所の合格にも段階があり、正規で合格するとその声優事務所に声優として所属することができます。しかしこれは、とても狭き門になります。声優の養成所に合格すれば、養成所に入ることができます。これは割合入りやすいと言えるでしょう。続いて、作品ごとのオーディションがあります。これは、作品に声優として臨むためのオーディションですので、確かな実力が必要です。専門学校や養成所でしっかり学んだ経験が求められます。

声優オーディションに合格するための心構え

養成所のオーディションに合格するためには、審査員の気持ちになって考えることが必要です。養成所は、合格させた人を一人前の声優にするためにあります。そのため、養成所で育てようと思っている人が頑固で人の言うことを聞かないような人だったり、一緒に仕事をしたくないと思ってしまうような人だと採用したくなくなってしまいます。
最も大切なのは、審査員が一緒に仕事をしたいと思えるような人間性であることを自己アピールすることです。審査員にマイナスイメージを植え付けてしまうようなことを、オーディションの場で言ってはいけません。
制作会社のオーディションの場合は、即仕事に直結するためのオーディションとなります。そのため、そのオーディションで求められている役柄に合った声を出せる技術が必要です。

声優オーディションに合格するためのコツ

声優になりたければ、まずは書類審査に合格しなければなりません。そのため、履歴書はオーディション用のものを使用しましょう。所属したい事務所がある場合、その事務所指定の履歴書がホームページからダウンロードできますので、それを使うのが無難です。
書類選考で大切なのが、写真です。写真は自分自身を人にアピールする最も大切なものの1つと考えましょう。そのため、自然な自分らしさが出ているものを選ぶ必要があります。間に合わせの写真ではなく、自然光の下などで撮ってもらった良い写真を選びましょう。全身と胸から上の写真を2枚選ぶと良いです。
また、応募動機はとても重要です。ありきたりなことを書くのではなく、審査員にこの人に会ってみたいと思わせるような内容を書きましょう。