勝ち残れる声優オーディションの対策

勝ち残れる声優オーディションの対策

アニメやゲームなどが文化として世界に発信され、日本を代表するカルチャーとして支持を集める様になった事とも関連して、声優という職業にも大きな関心が集まっています。
かつては映画やアニメなどの声を当てるというのみの仕事でしたが、現在では一流のミュージシャンやアイドルとも肩を並べるほどの知名度、人気を誇る人も多数います。
ファンからの人気が高まると共に、声優を目指す人も年々増えており、専門学校や養成所など、様々な養成機関による教育が行われています。
プロの声優になるには多くの場合オーディションに合格する必要があります。
基本的なテクニックから、特殊な業界に入り込むという面でも、知っておかなければならない事は数多く、才能に加えて、経験を積み重ねていく事も欠かせません。

まずは基礎のテクニックを徹底的に磨く

声優の仕事とは、アニメのキャラクターや、海外の俳優の演技や動きに合わせて、自分の声だけでそのニュアンスを伝える事です。
これは、一般的な演技とは違い、独特の表現技術が必要となります。
また、声を録音するマイクと自分との距離や、突然大きな声を出す時、水に潜った時といった特殊な声を出す時など、声優ならではのテクニックも数多く存在します。
声優オーディションでは、この様なテクニックが身に付いている事は大前提として要求され、それを土台とした表現力やキャラクターを見られる事になります。
このため、まずは学校や養成所で、それらの技術を徹底的に鍛え、マスターしましょう。
的確な方法論によって得られた技術はどの現場でも役に立ち、選ぶ側の人たちにも安心感を与える事ができるでしょう。

独り立ちした芸能人という側面もある

近年の声優は、声を当てるという仕事だけにとどまらず、積極的に表舞台に立ち、歌手活動やタレント活動も行うのが普通です。
影で作品を作り上げる職人的な仕事から、華やかな芸能人としての立場に、少しずつ移行してきたと言えます。
このため、声優オーディションでもこの点が審査に加味される事が多く、タレント性や華やかさ、個性的なキャラクターなどを持っていると、合格により有利になります。
自分自身の持ち味をしっかりと把握し、どの様な自己演出を施せばより輝く事ができるのか、或いは自分をどの様な方向性で売り込んで行きたいのか、歴代の人気声優たちをよく見て、自分と重なる要素のある人を探してみるのも良いでしょう。
技術と個性で自分を確立し、堂々とした態度で声優オーディションにのぞむ事が、合格への近道となります。